増山麗奈サイトのnews


by renanews

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0009662_175448100.jpg


増山麗奈「幼なじみのバッキー原画展」
4月14日(月)〜19日(土) 15:00〜20:00
オープニングレセプション14日(月)午後5時より
会期中、サイン会も行います。
無事終了しました。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!
ギャラリー銀座芸術研究所
〒104-0016
東京都中央区銀座7-3-6 洋菓子ウェスト2F
tel03-5537-5421 .090-3803-1989

交通 地下鉄丸の内線銀座駅徒歩3分
JR有楽町駅徒歩5分

原画最後の売りつくしセールですぞ〜。貧しい木造アパートから生まれ、岡本太郎美術館、奇跡の出版、紀伊国屋特設コーナーまで、全世界を震撼させた伝説のアート、「幼なじみのバッキー」原画を自分の物にするチャンスですぅ〜。変なPOP、色紙など今回書き下ろしの作品も。
原画一枚一枚に、多分芸術の神様が降りてきてるとおもわれます。

ディレクター
森下泰輔
[PR]
by renanews | 2008-02-17 17:55
d0009662_182134.jpg

d0009662_17432672.jpg
d0009662_17434319.jpg

2008年3月3日(月)ひな祭りに、日頃の感謝を込め、
「幼なじみのバッキー出版皆様のおかげです。パーティー」を新宿のバー「猫目」で行います。

謹啓
 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 このたび、月曜社から2007年の岡本太郎現代芸術賞入選作「幼なじみのバッキー」を出版することとなり、それに伴い出版記念パーティーを開催するはこびとなりました。
 パーティー会場は、出版界では話題のバー「猫目」。
 会場には、幼なじみのバッキー原画を飾っております。
是非お友達をお誘い合わせの上、ご参加いただけますようによろしくお願いいたします。

有限会社 月曜社      増山麗奈       澤田サンダー           





「バッキー出版記念パーティ」
日時/2008年3月3日(月曜日)
場所/猫目

新宿区新宿5-12-1 氷業ビル B1F TEL03-3350-4304
JR新宿駅から徒歩7分 丸ノ内線新宿三丁目駅から徒歩2分
開催時間/午後7時から11時まで
会費/本代込み 4000円 パーティー代のみ(飲み放題+軽食) 3000円
(お持ち込み大歓迎です!)
以上

出版パーティ呼び掛け人の方々(50音順 敬称略)

大杉浩司 (学芸員 川崎市民ミュージアム)
神楽坂恵 (女優 トウキョウ・守護天使など)
黄金咲ちひろ (開運系マルチタレント)
辛酸なめ子 (漫画家・コラムニスト)
南部虎弾 (電撃ネットワーク)
早野透 (朝日新聞編集委員)
村田真 (美術ジャーナリスト)
山下裕二 (美術評論家 明治学院大学)
山中崇 (俳優 松ヶ根乱射事件、電車男など)


d0009662_1744165.jpg

[PR]
by renanews | 2008-02-17 17:45
d0009662_154623.jpg2月22日(金曜日)の夜、神田にて歌手の白井愛子ちゃんバースデイライブを行います。
私もパフォーマンスで参加します。お母さんのアソコからこの世に誕生したことを感謝したくなるよーな、愛のあるパフォーマンスしたいと思ってます。また、美術家の管間圭子さんと増山麗奈とのヴォーカル&ピアノのセッションサウンドも披露いたします。
音と色を駆使して美しい女の子の子宮WORLDを具現化してみます。
よろしければ是非〜〜


白井愛子さんバースディパーティ
時間:2008年2月22日(金)19:00オープン19:15〜21:15
会場:神田イゾルデ 5294-6282

宴会料理(ビュッフェ形式)と1ドリンク着き3500円
こじんまりとした店で、アットホームにお贈りしたかと思えば、サプライズもあるかも?

出演
白井愛子
増山麗奈 高知尾純 Satosi
Joe

予約制のため参加希望の方は申し込み下さい
定員になりしだい締切ますのでお早めにお願いします
こちらに書き込み、又はメール下さい

イゾルデへの行き方
JR神田駅御茶ノ水よりの改札口をでて右側。銀座線からは1番出口です。
東口から中央通り(R17)を右に進み,みずほ銀行手前で道をわたり,ブックファーストの角を左に入ります。
道の右側に「今川中学校」があり、中学校をこえた最初の右角の地下一階です。
千代田区神田紺屋町20-1
神保ビルB1
[PR]
by renanews | 2008-02-17 15:02
d0009662_1242055.jpg

d0009662_11412580.jpg

第10回岡本太郎現代芸術賞入選作品。「幼なじみのバッキー」ついに出版いたしました。

ロストジェネレーションからのリアルフィクション

絵:増山麗奈 文:澤田サンダー
A5判(148ミリ×210ミリ)、上製カバー装84頁、モノクロ、税込定価1,470円(本体価格1,400円
月曜社刊

紀伊国屋新宿本店では、サイン付き本やPOPなどを置いていただき、ベストセラーの仲間入り(?)とも言える待遇をしていただいております。
また、セブン&Yさんでは画集のコーナーで3位になるなど、信じられない様な売れ行きみたいです。皆さんも是非この機会にお買い求めください。

各界からコメントを頂いております。

どうってことない絵なんだけど、見ながら、心の襞が締めつけられる。
ありがちな話なんだけど、読みながら、心の芯が揺すぶられる。
とことんリアルな経験と感情を、ぐつぐつ煮詰めて結晶させた、美しい絵物語。
稀代の純粋バカ絵描き・増山麗奈。
真摯なストーリーテラー・澤田サンダー。
二人のコラボレーションに、私は、涙がちょちょぎれそうになった。
この物語と相似形の人生が、きっといくつもあるんだと思う。
山下裕二(美術史)

「何かが胸に突っ掛かる。
そして、また、ページを開く。。
素直でありのまま。
大切なのは、それを近くに感じてくれる人。
なのだろうか。と。」
神楽坂恵(女優)

底辺で蠢く男たちのエネルギーに対峙し、絵本という形に昇華した増山麗奈さんのは
かりしれないパワーと母性に感動しました
辛酸なめ子 (漫画家・コラムニスト)
[PR]
by renanews | 2008-02-17 11:41